信用金庫とは

信用金庫とは

信用金庫は地域に生まれ、地域に生きる金融機関です。

地域の方々がお客さま、会員となって、地域の繁栄を図る相互扶助を共通理念としており、利益第一主義ではなく、お客さま、地域社会の利益が優先されます。

営業地域は一定の地域に限定されており、お客さまよりお預かりした資金は、ご融資などに形を変え、その地域の発展に生かされています。

経営理念・経営方針

経営理念

私たちは、もっとも身近な金融機関として、質の高い金融サービスをお届けし、お客さま一人ひとりの夢の実現と地域経済の発展に貢献します。

経営方針

  • お客さまの繁栄のため、健全な経営を通して資金の安定供給をはかるとともに、先進のサービスと情報を提供します。
  • たしかな能力とゆたかな人間性をかね具えた創造的な人財を育成し、地域社会に奉仕します。
  • 明るく伸びのびとした生きがいのある職場をつくり、職員のしあわせと夢を大きく育てます。

中期経営計画2019について

当金庫では「目指すべき金庫像」の実現に向けて、中期経営計画2019(平成29年4月~平成32年3月)において2つの成長戦略とそれを下支えする2つの基礎戦略を掲げ、戦略に基づいた施策を立案・実施しています。

「中期経営計画2019」を見る

水戸信用金庫の目指すべき金庫像

お客さまと共に考え、共に行動し、
共に成長することにより、お客さまと喜びを分かち合い、
お客さまから揺るぎない信頼と支持を得る。

戦略Ⅰ:お客さまおよび地域社会との関係性の強化

お客さまおよび地域社会との関係性の強化
  • お客さまの利便性・満足度の向上
  • マーケットを踏まえた営業態勢への転換
  • メイン化の推進 など

戦略Ⅱ:経営基盤および収益力の強化

経営基盤および収益力の強化
  • みとしんグループの活用・強化
  • 多様な収益源の確保
  • ローコストオペレーションの実現 など

戦略Ⅲ:人財育成の強化

人財育成の強化
  • 女性・ベテラン職員の活躍・登用
  • キャリアパスを意識した人事ローテーションの実施
  • 教育訓練体系の見直し など

戦略Ⅳ:内部管理態勢および法令遵守態勢の強化

内部管理体制および法令遵守体制の強化
  • 内部監査の強化
  • リスク管理態勢の強化
  • コンプライアンス意識の定着
  • 情報セキュリティの強化 など

子育てサポート企業認定マーク(くるみん認定)

水戸信用金庫は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けています。




茨城県女性が輝く優良企業認定制度(3つ星)認定

水戸信用金庫は、「茨城県女性が輝く優良企業認定制度」において最も評価の高い、3つ星に認定されています。